So-net無料ブログ作成

フジ放送/ニュースな晩餐会で芸能人が持っているすごい特殊能力の噂は本物だった [テレビ]

11月23日(日)夜放送の「ニュースな晩餐会」(フジテレビ)で、芸能人が持つ特殊能力の噂の真偽(ウソか本当か)についてが放送された。

番組の焦点は、囁かれる複数の芸能人の噂に関する真偽についてであったが、3人の特殊能力があまりにもすごかったので、この3人の話に的を絞った。

1)サンドウィッチマン/伊達(だて)みきお40才が持つ特殊能力
 「生卵」か「ゆで玉子」か、見た目だけで見分けられる。

 伊達氏の目の前に並べられた「6個のたまご」。はたしてどう見分けるのか?
 
 「たまご」を見つめる伊達氏。その時間わずか8秒。伊達氏は「生卵」3個、「ゆで玉子」3個にそれぞれ仕分けした。
 結果は全問正解。子供の頃から生卵が好きだった伊達氏は、卵の殻の「透明感」を識別できるらしい。
 全問正解に加え、8秒というスピードに唖然とした。

2)角田信朗(かくたのぶあき)53歳が持つ特殊能力
 ビール瓶の底を割ることができる。
 
 「もったいない」とつぶやいた、角田氏の手には詮の無いビール瓶。もちろん中にはビールが入っている。
  次の瞬間、もう片方の手を振り上げて、即座に手をビール瓶の口元に振り下ろした。瞬(またた)く間にビンの底が割れ、ビールがこぼれ落ちた。

  角田氏は手のひらで真空を作り出していたらしい。

  さらに、角田氏は厚さ8センチの氷に、横から「こぶし」を一振りし、見事に氷を真っ二つに横に割って見せた。  

3)金山一彦(かなやまかずひこ)47歳が持つ特殊能力
 本人が得意とする神業(かみわざ)的なUFOキャッチャー。
 
 大の「ふなっしー好き」で知られる奥様、大渕愛子(おおぶちあいこ)弁護士の為に、「ふなっしー」のぬいぐるみを釣りまくっているらしい。
 番組では、ひねるタイプのUFOキャッチャーで、その「ひねり」を利用して、ぬいぐるみの足部分を見事につまみ上げ、ひねった一発で、見事に仕留めた。

3人の驚くべき特殊能力は本物だった。









スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました